婚活サイトでメールを送る頻度やタイミング

メールを送る頻度やタイミングについて

mail-frequency

 

初回のメールで良い関係が築けそうになったとしても、その後のメールで失敗してしまったというのはよくある話です。メールの中身のみならず、メールを送る頻度やタイミングにも注意が必要です。

 

マッチング直後は即日返信しない

初回メールの返信が来たら確かにテンションが上がります。リアルなお付き合いに発展する可能性があるということで、当然ウキウキしてくるものです。

 

しかし、だからと言って焦りは禁物です。

 

嬉しいからと言ってメールを何回も送ったり、夜も昼も構わずに送っていたのでは相手に引かれてしまいます。相手が自分と同じ時間帯に活動しているとは限りませんし、メールの送受信のペースが自分とは異なっている人なのかもしれません。

 

基本的に、マッチング直後は、即日ではなく翌日に返信することをお奨めします。

 

というのも、すぐに返信すると、暇な人、振られてばかりの人、軽い人などと見られてしまう可能性があるからです。また、1日置いてじっくりと返信の内容を考えることで、通常、より効果的なメールが作れる場合が多いからです。

 

マッチング直後はどうしても気持ちがウキウキして焦りますが、1日置いてじっくり考えてから返信するように心がけましょう!

 

個人メルアド/LINE ID交換後は相手のペースに合わせていく

何度かメールをやり取りして、個人用のメルアドやLINE IDを交換するようになったら、以下のタイミングで返信すれば、まずは安心かと思います。ただし、深夜から早朝(0時〜7時)は控えるようにします。

 

  • 午前中に受け取ったメール=>その日の夜に返信
  • 正午から夕方までに受け取ったメール=>その日の就寝前までに返信
  • 夜に受け取ったメール=>翌日の午前中に返信

 

メールの中身によって返信のペースも変わってきますが、基本的には上記のタイミングで返信し、徐々に相手のペースに合わせていくことが大切です。

 

なかには即返信してくる人もいれば、24時間以上空けてくる人、週に1回しか返信してこない人もいます。

 

それはその人の気持ちの表れかもしれないですし、単にその人のペースかもしれません。
そのあたりは何度かやり取りしていると見えてきますので、まずは上記のルールに従って返信し、徐々に相手のペースに合わせていくことを意識しましょう。

 

もちろん、お相手との駆け引き的な要素もあるので、多少ずらしたりするのも良いでしょう。その場合も、あくまでも上記のペースを基準とし、お相手との関係性を考慮しつつ柔軟に変えていくと良いでしょう。

 

なお、メール送信後に誤字脱字や書き忘れに気づく場合がありますが、よほどの事でない限り訂正のメールは送る必要はありません。どうしても訂正あるいは追加したい内容がある場合は、1行だけの短文メールを送りましょう。

 

頃合いを見て男性からデートに誘いましょう!

そして、貴方が男性なら、どこかのタイミングでデートに誘いましょう。

 

個人アドレスを聞くこともそうですが、デートに誘うのも基本的には男性の役割です。何度かやり取りをしてそろそろだなと思ったら、思い切って誘ってみることが大切です。

 

なお、エキサイト婚活の調査によると、男性はメール10往復くらいを目途に、女性はメール交換をしてから1か月程度を目途にデートすることが多いそうです。男性は回数、女性は期間を重視する傾向があるようですが、基本的にはこれを基準としつつ、メールでのやり取りの中身を考慮して、デートに誘うタイミングを決めるとよいでしょう。


page top