相手の目を1.5秒間見つめてみよう

相手の目を1.5秒程度見つめてみよう

会話するときには相手の目を見なさいと昔から言われてきました。

 

これは婚活サイトでの活動においてももちろん効果があります。
ただし、やりすぎは禁物です

 

相手の目を見て話すのは、意識し出すと結構つらいもの。

 

下手をすると相手を睨むような目つきになって、逆に嫌われたりします。
正しく相手の目を見ることが大切です。

 

相手の目を見て話す時間はそれほど長くない

一般的に、会話の際に相手を見ている時間は全体の60%程度と言われています。

 

そして

  • 相手と目が合う時間は全体の18%
  • 相手を見る時間は1回につき3秒程度
  • 互いに目を合わせる時間は1回につき1.5秒程度

なのだそうです。

 

相手の目を見て話す時間というのは、思った程長くないんですね。

 

相手の目を見ることを意識するとおかしくなってしまうのは、
この一般的な基準を超えて、長い時間、相手の目を見つめてしまうからなのでしょう。

 

程よく見つつ、程よく目をそらして会話する必要があります。

 

相手の顔を長く見つめる4つのケース

なお、相手の顔を長く見つめるのは、以下の4つのケースのいずれかです。

 

  1. 相手に意見を求める時
  2. 目で何かを伝えたい時
  3. 相手に敵意を表す時
  4. 相手に好意を表す時

 

相手が1から4のどの気持ちや考えを持って見つめているのかは大体わかるものですが、
時には誤解されてしまうこともあります。

 

  • 敵意のつもりが、好意と受け取られた
  • 好意のつもりが敵意と受け取られた
  • 何か伝えているのかと勘ぐっていたら、意見を求められていた
  • あることをそっと伝えようとしたのに好意と受け取られた

といった誤解です。

 

このあたりも、しっかりと意思と意図をもって相手を見つめないといけませんね。

 

恋愛に活用してみましょう!

ただ、恋愛に関しては、お互いの好意度を探り合う関係なので、
比較的わかりやすいと言えるでしょう。

 

デート中の会話の途中で、話のタイミングを見図りながら、
相手を1.5秒程度見つめる好意を行ってみましょう。
そうすると、相手は何か深い意味があるのではと感じて、
あなたのことがより気になってくるでしょう。

 

自分の思いを伝えるには、非常に効果のある方法なので、
是非、デートの際にはトライしてみてください。

 

ただし、相手が息苦しくならない程度に適度に長く見つめてくださいね。
最悪、敵意を抱いていると思われたら、それでおしまいになりますので、ご注意ください。

page top