デート代を割り勘にするかどうか

ネット婚活でのデート代は誰が払う?

payment

 

婚活サイトを通じて知り合った方といよいよデートとなったら、デート代の負担をどうするか気になる方も多いようです。特に婚活では、通常、複数名のお相手とデートすることになり、出費もかさむため、積極的に婚活したい人ほど気になるのは当然ですね。

 

厳密なルールはありませんが、もしも迷うようでしたら、初回のデートは出来るだけ割り勘にし、二回目以降は自然な流れに任せる、といった考えでデートに臨むとよいでしょう。

 

初回のデートは標準的な価格のお店を選ぶ

最初が肝心だということで、高級なレストランを予約し、デート代も全額自分で負担しなければならないと考える男性も多いのではないでしょうか。

 

しかし、婚活の場合は、そこまで気負わなくても大丈夫です。

 

初回のデートは、お互いを知るところから始まりますので、一般的な料金の食事やドリンクを楽しめるところで充分です。お酒も初回は基本的に避けるべきですし、その意味でも比較的安価に済ませることができます。それに、婚活では複数の方とのデートの機会がありますので、毎回多額の出費がかさむと経済的に持たないことは、少しでも気遣いのできる方であれば相互に理解しているはずです。

 

初回のデートは標準的な料金のお店を選ぶようにしましょう。1人1000〜1500円程度のランチ、1人2000〜3000円程度のディナーで十分でしょう。

 

初回のデートは割り勘がお奨め

支払についても、男性が全額支払わなければならないという訳ではありません。

 

かつては男性がデート代を支払うのが当たり前の時代がありましたが、現在は、割り勘派の男女が増えてきました。特に若い世代においてその傾向が強いようです。

 

もちろん、今でも「男性がおごるもの」という考えの女性はいますし、婚活においても、それで経済力や男らしさを判断したり、自分に対する好意のあるなしを判断しようとする女性もいます。また、「男がおごるもの」と考えている男性もいますし、将来の結婚相手となる可能性のある女性に男らしいところを見せ、婚活を有利に進めたいと考える男性もいます。

 

一方で、自分のペースで婚活を続けたいので男性におごってもらうことをあえて避ける女性もいます。また、「おごってもらうのが当然」と考えている女性であれば付き合うのをやめようと考えている男性もいます。

 

そこは価値観のすりあわせなので一概には言えませんが、婚活での初回のデートは出来るだけ割り勘にすることをお奨めします。というのも、その後、対等な立場で婚活を進めることが難しくなる可能性があるからです。

 

男性が全額を支払った場合、デート後に、「おごったから2回目も会ってくれるだろう・・」「おごってもらったから2回目も会わないと駄目かな・・」といった心理が少なからず働く可能性があります。

 

婚活での初回のデートは、相手の人間性や人となりを理解し、その後のお付き合いを続けるかどうかを判断する重要な場です。基本的にはまだ恋人以前の状態のはずですし、冷静に対処する必要があります。その意味でも、初回のデートでは貸し借りを作らない形で終えるのが理想です。

 

もちろん厳密なルールはないですし、価値観のすり合わせの問題なので一概には言えませんが、「婚活」という目的を考えると、初回のデートはできるだけ割り勘にすることをお奨めします。

 

支払額は男性7割:女性3割が基本

割り勘にする場合も、以下のような問題が出てきます。

  1. どちらが割り勘を提案するか
  2. どのタイミングで割り勘にするか
  3. 支払いの割合は何対何にするか

 

これについても厳密なルールはありませんが、基本的には以下のように考えるとよいでしょう。

  1. 女性から割り勘を提案する
  2. レジでの支払いは男性が行い、お店を出てから女性が自分の負担分を支払う
  3. 男性7割、女性3割を負担する

 

男性からの割り勘の提案は、ケチと思われることを懸念してやりずらい面があります。女性から提案してあげると「気遣いの出来る子だな」と好印象にも繋がりますので、女性から提案することをお奨めします。

 

レジ前で支払時に割り勘にするのもありですが、そこは男性を立てて男性が全額払う形がベターでしょう。その際、男性はクレジット払いかもしれませんし、領収書を切るかもしれませんので、その間、女性は先にお店を出て、男性が出てきたら自分の負担分を支払うようにします。

 

また、完全に割り勘にする(男性5割:女性5割)のもありですが、一般的な経済力などを考慮して、男性7割:女性3割程度が基準と考えるとよいでしょう。男性が何も言わなければ女性は半額出さないといけないと考えるので、例えば合計3000円の支払いであれば「1000円でいいよ」と男性から金額を言ってあげるとよいでしょう。

 

2回目以降は自然な流れに任せましょう

2回目以降のデートについては、相互の関係を見ながら決めていきましょう。

 

やり方としては、色々な方法があります

  • 完全に割り勘にする(男性5割:女性5割)
  • 割り勘を基本としつつも、男性が多めに支払う
  • お店ごとに交互に負担する(例えばレストラン代は男性、喫茶代は女性)
  • デート毎に交互に負担する
  • 男性が全額支払う

 

デートを重ねるごとに関係性も深まり、お互いの立場や考え方も理解できるようになってくるはずですから、相手を尊重する気持ちうまく進めていきたい気持ちがあれば、どのような方法であっても特に問題とはならないはずです。

 

2回目以降は、自然な流れに任せましょう!


page top