婚活サイトで効果的なお断りメールの作成方法

失敗しないお断りメールの書き方

reject-mail

 

ネット婚活では色んな方と出会う機会がありますが、意にそぐわない相手との出会いもあります。その際、当然のことですが、その後のお付き合いを断らなければなりません。むしろ、最終的に結婚する1人以外はすべて断らなければならないことを考えると、「婚活」はまさに断りの連続と言ってよいでしょう。

 

誠実な人であればあるほど断りを入れることに罪悪感を感じる傾向がありますが、婚活とはそういうものだと割り切る気持ちもまた大切です。それが原因で婚活の進捗が遅くなったり停止してしまっては本末転倒ですので。

 

とはいえ、少しでも交流のあった相手に対して失礼な断り方をすると、相手を傷つけてしまいます。場合によっては逆恨みされて自分にも害が及んでくる可能性もゼロではありません。断りの言葉を慎重に選ぶ必要があります。

 

以下では、お断りメールを書く際の注意点と書き方について説明します。

 

断りを先延ばししない

まずは断ることを先延ばしにしないことが大切です。

 

断るかどうかあれこれと迷うものですが、迷いが出てきたらできるだけ早めに決断するように心がけましょう。というのも、その間、相手の貴重な時間を奪っていることになり、相手に対して失礼になるからです。また、中途半端な婚活状態となり、自分にとっても時間の浪費となる場合が多いからです。

 

慌てて誤った決断をすることは避けなければなりませんが、断る気持ちが強くなってきたら、出来るだけ早い段階で決断するように心がけましょう。

 

曖昧な断り方をしない

断る場合は曖昧な表現をしないようにしましょう。

 

相手を傷つけたくないとの思いが強いほど曖昧な表現になりがちです。
しかし、曖昧なメールを受け取った方は、それをどう捉えてよいのか迷ってしまいます。そこに誤解が生じて余計に関係がこじれてしまい、最終的に相手を一層傷つけてしまうことにもなりかねません。

 

「もう会えない」ことや「メールのやりとりをやめたい」ことが明確に伝わる書き方をしましょう。

 

失礼のない表現を用いる

明確に断ることが大切ですが、相手に対して失礼にならない断り方をする必要があります。

 

失礼な断り方をすると、逆ギレされたり、場合によっては相手がストーカーまがいの行動に出る可能性だってゼロではありません。そのやり取りでエネルギーを消耗するのは、婚活という目的から考えて相互に無意味なことです。

 

失礼にならない表現をするためには、これまでの御礼や断りの理由などを柔らかい表現で伝えることが大切です。この点については後述のオリジナルメールの作成でもう少し詳しく説明します。

 

関係の浅い相手には定型文でもよい

それほど関係性が出来ていないお相手へのお断りメールは、婚活サイト側が事前に用意している定型文を利用するとよいでしょう。むしろ、自分で考えて変な文章を書いてしまうよりも、定型文を利用するほうが効果的です。

 

ただし、何度もメールをやり取りして関係性が深まってきた場合や、実際にお会いした後の場合は、定型文では不十分です。相手に納得してもらうことが難しくなりますので、オリジナルのお断りメールを作成する必要があります。

 

定型文を用いるかどうかの判断は、相手を納得させられるかどうかという点につきます。定型文で納得させることが出来ると思うのであれば定型文を、そうでない場合はオリジナルのお断りメールを作成するようにしましょう。

 

ある程度関係が深まった相手にはオリジナルメールを書く

明確な理由を伝えてはっきりと断りの意思表示をしないと納得しないと考えられるお相手には、定型文ではなくオリジナルのお断りメールを書く必要があります。

 

その際、以下の3点について書くようにします。

  1. これまでの御礼
  2. 断わりの理由
  3. 相手の幸せを願う気持ち

 

先述のように相手を傷つけないように書くのは大前提ですが、全体的なイメージとしては、「楽しい時間を過ごせたことに感謝しつつもはっきりと断る」メールの作成を目指します。

 

まずは、貴重な時間を割いていただいた相手への感謝の気持ちや勉強になったことに対する御礼の言葉を、以下のような形で書きます。

 

  • 「〇〇について知らなかったことを色々と教えてもらって勉強になりました」
  • 「〇〇さんの△△な側面に触れて新鮮な驚きがたくさんありました」
  • 「貴重なお時間を割いて2度も会って頂き本当に有難うございました」

 

そして一難重要なのが、「断りの理由」です。
ただ、正直に書けばよいというものではなく、多少意味合いを変えてでも、相手を傷つけず、いたわる気持ちで書く必要があります。逆恨みされないように、上手に断わりをいれましょう。

 

例えば、ルックスや体形が自分の好みでなかった場合、生理的に受け付けなかった場合、話が合わなかった場合など、それを正直に書くのではなく、以下のような無難な表現に変えて相手を傷つけないように断ることが大切です。決して相手を否定するような表現は入れてはいけません。

 

  • 「フィーリングが合いませんでした」
  • 「価値観の違いを感じました」
  • 「将来一緒にいるイメージがつかめませんでした」

 

また、断りの文章の最後に、明確に断りの言葉を入れるようにします。

 

  • 「申し訳ありませんが、今回はお断りさせてください」
  • 「今回はご縁がなかったことにさせてください」

 

そして最後に相手の幸せを願う気持ちを添えて締めくくります。

 

  • 「〇〇さんに素敵な出会いがあることを陰ながら祈っています」

 

 

なかには、お断りメールを送ってもなかなか納得しないしつこい人もいます。その場合は再度断りのメールを短い文面で送り、それでもしつこく連絡が来る場合は、婚活サイトのメール拒否機能や、場合によっては通報機能を利用するようにします。

 

 

なお、お断りする方法としては、メール以外にも、電話、直接会って話す、手紙などの方法があります。しかし、多くの場合、メールで断るのが一番良いでしょう。というのも、自分の気持ちを整理してはっきりと伝えることができ、メールを送信したら終了ですので後を引くことがないからです。但し、何度もお会いして結婚を意識したお付き合いに発展している段階では、直接会って相互に納得するまで話し合う必要があります。そこはお相手との関係性を考慮して判断するようにしましょう。

 

 

電話サポートを行っている珍しい婚活サイトといえば・・・


page top