婚活パーティの違いを理解しよう

婚活パーティの違いについて

ネット婚活とともに、婚活パーティが流行っていますね。
現存する婚活パーティ会社の運営歴は長いところは20年以上にもなりますので、
この婚活スタイルは1990年代初頭から存在することになります。

 

今では大小様々な会社や自治体なども主催しており、
一度に多数の異性と気軽に会いたい方にはとても向いている婚活スタイルですね。

 

さて、婚活パーティを選ぶには、まずは企画の内容が一番ですが、
主催会社によってどんなところが違ってくるのか、ご存じですか?

 

婚活パーティの違い

その違いとしては、大凡、以下のような点が挙げられます。

 

  1. 開催地域
  2. 自社会場の有無
  3. 会員登録の有無
  4. 身分証明書以外の資料の提出の有無
  5. 参加費に食費やアルコールが含まれているか否か
  6. 企画内容

 

1については、小規模事業者だとどうしても地域特化型になります。
また、大手事業者だとしても、関東や関西での開催が主体で、
その他の地域に関しても、名古屋、福岡、札幌等の地方都市
に限定されるところが多い傾向があります。
そうした中で、全国47都道府県で展開している「エクシオ」は、
国内最大規模で展開する婚活パーティと言えるでしょう。

 

2の自社会場についてですが、
有名どころでは「Party★Party」や「クラブチャティオ」は自社会場を有し、
演出にまで細かくこだわっています。
自社会場であれば、レイアウトも自由自在に設計できますし、
他の客がうるさいなどの外部の影響を受けることもありません。
ただ、自社会場を持たない会社はパーティの趣旨に合った
魅力的な外部会場を自由に選択できます。
自社会場の有無に関わらず、そのパーティ会社が、
環境にどれだけこだわっているかを見極める必要がありますね。
口コミ等を参考にして、気になる会社の会場へのこだわりを調べてみましょう。

 

3の会員登録の有無については、
必ずネットで会員登録をしてからパーティの申し込みを行うところと、
電話での申し込みでもOKというところがあります。
会員登録が面倒だなと思う方は、後者を選ぶとよいでしょう。
但し、会員登録すると、通常、様々な付加サービスが付いてきますので、
会員登録をするメリットも確認しておきましょう。

 

4の追加資料の提出の有無ですが、
大手では「おとコン」が「独身誓約書」の提出を義務つけています。
人気の結婚相談所を展開するパートナーエージェントの運営だけあって、
しっかりとした本人確認を行っていますね。
ただ、結婚相談所の場合は、通常、公的な独身証明書が必要ですが、
この場合は当社独自の独身誓約書の提出でよいようです。

 

5の参加費に飲食費も含むかどうかですが、大手では「おとコン」の場合、
参加費に、食事、ドリンク(アルコール含む)、デザートが含まれています。
これだど、仮に婚活はうまくいかなかったとしても、元は取れるという感覚があります。
但し、飲食にうつつを抜かして本来の目的を忘れないようにしないといけませんね。

 

 

一番重要なのは企画内容

さて、一番重要な6の企画内容ですが、現在は面白い企画が次々と投入されてきています。
例えば、以下のような企画です。

 

  • 男性は年収1000万円以上に限定
  • 男性は医者と弁護士に限定
  • 男性は身長175センチ以上
  • 男性は自家用車所有者限定
  • 男性は一部上場企業限定
  • スパイスから作るカレー料理パーティ
  • 年の差婚パーティ
  • 50歳以上限定パーティ
  • 手打ちソバ作りパーティ
  • 婚活バスツアー
  • 婚活ハイキング
  • 婚活クルージング
  • 寺社婚活パーティ

 

面白いですね。
年齢、職業、趣味等々、様々な切り口で選んで参加できる時代になりました。
各社ともバライエティにあふれた企画を行っていますので、
好きなお菓子をチョイスする感覚で気軽に選んでみましょう。

 

婚活パーティは1社に限定する必要はありません

1から6の中では、やはり企画内容が自分に合っているかどうかが一番重要ですが、
1から5の違いも考慮して判断すると、
より満足できる婚活パーティを選べるのではないかと思います。

 

ただ、婚活パーティは、結婚相談所を選ぶのとは違って1社に限定する必要はありません。
なので、これはいいなと素直に思ったものは、
異なる会社のものでも積極的に参加してみると良いでしょう。

 

特に外交的で多人数との交流が得意な方は
是非、婚活パーティにもチャレンジしてみてくださいね!

page top