ネット婚活の時代

世はまさにネット婚活時代へ

晩婚化や未婚化が進展している

現在日本では晩婚化や未婚化が進んでいますが、
それにより多くの社会問題が生じてくると言われています。

 

1つ目は、晩婚化や未婚化により、少子化が進展することです。
年金や社会保険の財源の担い手が少なくなることや、
労働力人口の減少による経済の停滞などが懸念されています。

 

2つ目は、晩婚化や未婚化により、社会不安が訪れることです。
一般的に、結婚することによって、
仕事や生活全般において、精神的および経済的に安定してくる傾向があると言われています。
晩婚率や未婚率の上昇が、個々人の安定を遠ざけ、社会不安につながると言われています。

 

ネット婚活は社会不安解消の一助となるのか

そうした中、多くの男女がインターネットを通じた婚活を通じて、
結婚相手を探す傾向が強まってきています。

 

インターネットで「婚活」で検索してみると、様々な関連サイトが出てきます。
結婚相談所、婚活パーティ、ネット婚活、Facebook婚活など、さまざまです。

 

ネット婚活と言えば、本サイトでも紹介しているように、
ブライダルネット、ユーブライド、エンジェルなどが代表的なサービスとして挙げられます。
インターネットを通じてお相手を探し、デート、そして結婚へと進展することが期待される
比較的廉価な月額課金サービスのことを指します。

 

ただ、広義には、結婚相談所、婚活パーティなどもネット婚活の1つと言えます。
というのも、インターネットを通じて資料請求したり、
入会したり、参加申し込みをしたりするからです。

 

その意味で、世の中は完全に「ネット婚活時代」に突入したと言えるでしょう。

 

インターネットを通じた結婚活動によって、
上述の社会問題が少しでも解消に向かうことが期待されます。

 

一方で、インターネットを通じた出会いは新たな問題も生み出しています。
怪しい出会い系サイトほどではないにしろ、類似のトラブルや問題も発生しています。

 

そうした闇の部分もしっかりと認識し、十分な対策を講じた上で、
「ネット婚活時代」を有意義に過ごしていきたいものです。

page top