結婚相談所は全国で数万社

結婚相談所は全国で数万社にまで拡大!

結婚相談所の開設は後を絶たない

結婚相談所を開業するためには、役所への届け出などは必要ありません。
認可も資格も不要で、結婚相談所を名乗ることが出来ます。
そのためでしょうか、結婚相談所の数は全国で数千から数万社も存在すると言われています。
その実態は定かではないですが、規模、ブランド力、社歴等、様々な事業者が存在します。

 

ネット婚活や婚活パーティなどでどうしてもうまくいかなかった場合に、
最後の駆け込み寺として結婚相談所があるとも言われています。
それだけ、切実な思いを持って結婚相談所のお世話になる方々が
依然としてたくさんいるということでしょう。

 

手厚いサポートだが料金は総じて高い

さて、そうした結婚相談所ですが、
その特徴はやはり、専門アドバイザーによる手厚いサポートです。

 

加入者も結婚への意識がかなり高いので、本気で結婚したいと考えている人にはお勧めです。
ネット婚活や婚活パーティなどに行かずに、
最初から結婚相談所へ行けばよかったと考える方もたくさんいるようです。
なので、決して最後の駆け込み寺というだけではありません。

 

ただ、手厚いサポートを受ける分、料金は高いですね。
年間20〜30万円程度はするものですし、なかには50万、100万といったところもあります。
全国的に名前の通った大手事業者においては、成婚料を取らないとことも多いですが、
ローカルな小規模の結婚相談所ほど、高い成婚料と取る傾向があります。

 

結婚相談所のタイプ分け

なお、結婚相談所は、大きく3種類のタイプに分かれます。
1つはデータマッチング型の結婚相談所、2つ目は連盟型の結婚相談所、
3つ目は独立系の小規模相談所です。

 

データマッチング型は、登録ユーザーのデータベースを独自に保有し、
それをベースにマッチングサービスを提供している結婚相談所です。
比較的規模が大きく、オーネット、ツヴァイ、ノッツェ、パートナーエージェント
といったブランドとして名の通ったところが存在します。
自社内に多数の会員を抱え、マッチング機能も常に独自の工夫を加えて機能向上させていますので、
ユーザーが希望する条件の異性と効率的に出会う確率が高いと考えられます。
大手であればブランドとして認知されてますので、その分、安心感がありますね。

 

連盟型は、昔から全国に存在するローカルな小規模事業者で、
業界機関としての全国組織の連盟に加入しているケースです。
個々には数十人から数百人程度のユーザーを抱える小規模事業者ですが、
連盟に加入することで、ユーザーのカバレッジを広げて対応しています。
連盟としっては、日本プライダル連盟、日本仲人連盟、日本結構相談協会、
優良結婚相談所認定制度といったところがあります。
こうした連盟型は、通常、成婚料が高く設定されていることが多い傾向があります。
結果に対して強くコミットしているという点では、
成功報酬型に近いビジネスモデルとも言えます。

 

独立系は、こうした連盟にも加盟しない独自のサービスを展開している小規模結婚相談所です。
独自のポリシーでしっかりと運営しているところもありますが、
なかには悪質な事業者も存在します。
クーリングオフに対応していなかったり、資料請求に対応できていなかったり、
社名や電話番号などの事業者情報がいい加減だったりします。
一度会ってしまうと口で丸め込もうとする悪徳業者もいますので注意が必要です。

 

ざっと結構相談所について説明してきました。
本サイトは主にネット婚活にフォーカスして情報を提供していますが、
婚活に関連するものであれば、いろんな情報を適時配信していきますね。

 

そして、本気印の婚活にチャレンジしたい方は、是非、結婚相談所にもトライしてみてください。

page top