年の差婚について

年の差婚の時代へ

一部の芸能人に代表されるように、年の差婚も不思議ではない時代になってきました。
年の差婚パーティというのも登場する時代ですね。

 

芸能人の年の差婚の例

年の差婚で代表的な有名人と言えば、

  • 加藤茶さんが一般女性と(46歳差)
  • 篠原涼子さんと市村正親さん(24歳差)
  • 石田純一さんと東尾理子さん(22歳差)
  • 藤本敏史さんと木下優樹菜さん(17歳差)
  • 松たか子さんと佐橋桂幸さん(16歳差)
  • HIROさんと上戸彩さん(16歳差)
  • ほしのあきさんと三浦皇成さん(13歳差)
  • 小雪さんと松山けんいちさん(8歳差)

といったところが挙げられますね。

 

かつては俳優の上原謙さんが歌手の大林雅美さんと38歳差の年の差婚が話題となりましたが、
加藤茶さんの46歳差というのはなんとも凄いですね。

 

年の差婚のメリットとデメリット

さて、年の差婚のメリットとしては、以下のことが挙げられます。

  • 甘える甘えられの関係ができやすい
  • 頼る頼られるの関係ができやすい
  • 競うことが少なく、喧嘩になりにくい
  • 若さを保つことができる(年上の方にとって)
  • 経済的に頼りになる(年下の方にとって)
  • 見識がお互い広まる(時代を超えて)

 

一方、デメリットとしては、以下のことが挙げられます。

  • ジェネレーションギャップがある
  • 生活ギャップが生まれやすい(食事の嗜好、睡眠時間等)
  • 出産、子育てを含む家族計画が立てにくい
  • 老後が心配(若いほうがどうなるか)
  • 親族との関係が複雑になりやすい(夫が親よりも年上等)

 

確かに男性にとっては若い女性との結婚はその若さだけで憧れでしょうし、
女性にとっても年上男性の経済力や包容力は魅力でしょう。
ただ、様々なデメリットもあることを考慮して考えないといけないようです。

 

年の差婚の多い県はのんびりしてそうな県

ちなみに、年の差婚の多い県のベスト5は

  • 1位:宮崎県
  • 2位:大分県
  • 3位:千葉県
  • 4位:山口県
  • 5位:長崎県

だそうです。

 

ちょっとのんびりしてそうな県が上位に来ている印象がありますね。

 

年の差婚で可能性を広げてみよう!

まあ、個人的には日々の生活におけるテンションだったり、
生活のリズムだったりが違いすぎると長続きしないように思います。

 

あなたなら、どのレベルまで許容できますか?

 

いずれにしても、かなり年齢の離れた年の差婚にチャレンジしてみると
今まで以上に可能性は大きく広がるかもしれません。

 

もちろん、相手あってのことですが、
自分の気持ちがないとチャンスも巡ってきませんので、
是非一度検討してみてはいかが?

page top