婚約解消

婚約の解消について

合意のうえでの婚約の解消

結婚の準備を薦めていくうちに、相手の問題点に気付いたり、
意見が合わないことが出てきたら、まずは二人でよく話し合いましょう。
また、仲人や二人をよく知る年長者などに相談して、意見を仰ぐことも大切です。
その結果、お互いが納得のうえでの婚約解消となったら、早めに手続きを進めましょう。

 

贈り物を返す

婚約中に贈り合った、結納品、結納金、婚約記念品など、すべてを相手に返します。
返品されて困るような指輪などは、相当の現金にして返す場合もあります。

 

式場やハネムーンのキャンセル

できるだけ早く手続きをし、キャンセル料は二人で折半します。

 

仲人へのお詫び

双方が直接出向いておわびとお礼をします。
「薄謝」として謝礼相当の金額を入れて渡します。

 

婚約解消通知状

すでに婚約を知らせた人や披露宴の招待状を出した人には、婚約解消通知状を出します。

 

お祝いをいただいた人へのお返し

すでにお祝いをいただいている場合は、
お詫びの言葉を添えたあいさつ状と相当の額の現金か商品券をお返しします。

 

費用の清算

結婚準備にかかった費用は、すべて二人で折半します。

 

 

一方的な婚約の解消

婚約解消の理由が一方的な場合や、一方に非がある場合、
式場のキャンセル料などを全額負担しなければならないことがあります。
場合によって、結納金を慰謝料として渡すことがあり、
また、相手が婚約解消を納得していない場合は、
婚約不履行で賠償金を請求されることもあります。

 

しかし、次のような場合は、婚約解消が法的に正当と認められます。

 

  • 相手が他の異性と関係をもっていた
  • 相手から暴力や侮辱を受けた
  • 犯罪を犯した
  • 極度の酒乱癖がある
  • 履歴などを偽った
  • 前科や借金を隠していた
  • 精神病、性病などの持病がある

 

今日はあまりおめでたい話ではなかったですが、
知っておくのと知らないとでは結果も違ってきますので、
一応こんなものなんだという程度で、理解しておきましょう。

page top