挙式のスタイルを決める

挙式のスタイル

挙式は二人が結婚の誓いを立てる神聖な儀式で、厳かな気持ちで臨むべきものです。
見た目のイメージにとらわれず、両家の信仰している宗教、出身地の習慣などを考慮して、
必ず両親と相談し、自分たちにふさわしいスタイルを良く話し合って決めましょう。

 

宗教にもとづく挙式スタイル(カッコ内は宗教)

神前式(神道)

神社、ホテル、専門式場など。
一般的に和装ですが、ウェディングドレスなどの洋装も可です。
列席者は親族中心ですが、
会場によっては親族以外も列席できるところもあるので、確認してみるとよいでしょう。

 

キリスト教式(キリスト教)

教会、ホテル、専門式場、レストラン、ゲストハウス、リゾート地、海外などで、
新婦はウェディングドレス、新婦はモーニングなどの洋装です。
列席者は親族、友人。教会によっては信徒でないと受け付けない場合や、
挙式の前に礼拝や結婚講座などを義務付けている場合もあります。

 

仏前式(仏教)

寺院、自宅など式ができるところは少ないので、注意してください。
一般的には和装ですが、ウェディングドレスなどの洋装も可です。
列席者は親族や友人。菩提寺や自宅の仏間などで行う少数派のスタイルです。
ホテルや専門式場で相談に乗ってくれるところもあります。

 

人前式(なし)

宗教にとらわれない挙式で、列席者の前で結婚の誓いをするもので、
誰でも列席することができます。
会場はホテル、専門式場のほか、アミューズメントパーク、美術館、水族館など、
二人の思い出の地での挙式が可能です。
オリジナリティーを出すことができ、人気が高まっていますが、
単なるイベントにならないよう、儀式としての意味を考えてプランを練ることが大切です。

page top