結納の費用関係

結納費用の分担と支払い

結納費用の分担

結納には様々な費用がかかります。
かつては男性側が結納金を用意し、会場費は女性側が準備することが多かったのですが、
最近は、単純に半額ずつということではなく、
両家の負担のバランスと取るように折半することが多いようです。

 

結納品を互いに取り交わす場合は、同じものを購入して折半します。
一方だけが納める場合は、贈る側が購入し、
受書(うけしょ)は結納品とセットになっているので、
その分については両家で相談し支払いましょう。

 

飲食・会場費については、女性宅で行う場合、祝い膳の費用を女性側が負担し、
男子側が結納品、仲人の車代を負担するなど、
本人同士が調整し、両家が納得いくようにしましょう。
また、仲人宅で行う場合、仲人への謝礼に、
かかったと思われる費用を上乗せして包みます。
ホテル、料亭、式場などで行う場合は、かかった費用を両家で折半し、
和装の着付けなど、個人的な費用はそれぞれが負担します。

 

仲人への謝礼の渡し方

仲人には、二人のために時間を割いてもらうだけでなく、
衣装の準備や理美容院に行く費用など、
出費の面でも負担をかけることになるため、
感謝の気持ちを表す、相応のお礼を心がけましょう。

 

交通費は、ハイヤーなどを手配するのが理想的です。
辞退された場合は、例えば、自宅から会場までの往復のタクシー代などの
実費を目安にキリのいい金額を包みます。
のし袋の表書は「お車代」で、両家の連名にします。

 

酒肴料は、祝い膳を囲まなかった場合に渡します。
金額は、ホテルや料亭で食事をするのを目安にして、2〜3万円程度が一般的です。
のし袋は「御酒肴料」として両家連名にします。
正式の結納の場合は、女性宅で祝い膳を囲むため、
男性側が2万円程度の酒肴料を包むことになります。

 

手土産は、持ち帰りにかさばらない大きさのものを準備します。
どちらかの出身地の名産品や先方の好みを考え、両家で相談して選びましょう。
結納当日に車代、酒肴料と一緒に渡します。

 

謝礼は、結びきりののし袋に入れ、表書きは「寿」または「御礼」とし、
両家連名もしくは同額をそれぞれ包みます。
結納終了後、数日中に自宅へ伺い渡すのが礼儀ですが、
遠方の場合は当日に渡してかまいません。
正式結納の場合は結納金の1〜2割程度、略式の場合は1割程度が一般的です。

page top