結納の服装

結納当日の服装

昔は結婚式に準じる儀式として、正礼装をしていましたが、
最近では、格式の高いホテルや料亭では準礼装、
レストランでは略礼装で行うことが多くなりました。

 

大切なのは、出席者全員の服装の格(レベル)を合わせておくことです。
仲人を立てている場合は、まず仲人さんの意向を伺い、
仲人さんが格式を重んじるようであれば、
それにふさわしい服装をするようにしましょう。

 

男性は、本人も父親も基本はブラックスーツで、
ワイシャツは白、ネクタイは白かシルバーグレーにし、
靴、靴下と共に黒を選んで、すっきり清潔感のある装いを心がけましょう。

 

女性は、洋装の場合、
セミアフタヌーンドレスやドレッシーなワンピース、ツーピースなどがおすすめです。
おめでたい席ですので、色は黒以外の明るいものにし、
アクセサリーはパールやコサージュで上品にします。
ノースリーブ、ミニスカートのような肌を大きく露出するものは避けましょう。
和装なら訪問着か付下げ、または振袖にします。
母親も、洋装ならワンピースやツーピース。
和装なら訪問着、付下げ、色無地紋付等にします。
主役の本人たちよりも、親は控えめの装いをこころがけます。

 

なお、基本的に、両家の格(レベル)が合っていれば、
男性が洋装で女性が和装でもかまいません。

 

正礼装の場合、女性は、アフタヌーンドレス(昼)、
イブニングドレス(夜)、留袖(既婚)、振袖(未婚)などで、
男性は、モーニングコート(昼)、燕尾服(夜)がよいでしょう。

 

準礼装の場合、
女性は、セミアフタヌーンドレス(昼)、カクテルドレス(夜)、訪問着を
男性は、ディレクターズスーツ(昼)、ファンシータキシード(夜)、
ブラックスーツ(昼夜)がよいでしょう。

 

略礼装の場合、
女性は、ワンピース、アンサンブル、ツーピース、色無地紋付、付下げ、色無地、
男性は、ダークスーツがよいでしょう。

 

page top