結納の形式

結納の形式は地域によって様々

結納品の形式は、大きくは、武士の流れを受けた「関東式」のシンプルなもの、
豪華な公家風の「関西式」にわけられるようです。

 

  • 「関東式」・・・双方で結納品を取り交わします。結納飾り(結納品を飾る台や装飾品等)は一品一品コンパクトになっており、まとめて一台に乗せたタイプが一般的です。
  • 「関西式」・・・結納飾りは一品一品豪華で複数の台に乗っているタイプが一般的です。

 

しかし、地域ごとに、婚約に先立つ儀礼、
結納の際に家族にお土産を持って行くなどいろいろな風習があります。

 

以下では地域毎にまとめていますので、是非、参考にしてくださいね。

 

もちろん、婚活でお相手が見つかった上での話ですが、
イメージトレーニングは何事においても大切です。

 

早い段階で考えておくと、婚活にも一層力が入るでしょう!

 

北海道地方

関東式です。仲人を立てず、
女性宅に両家が一堂に会し、そのまま祝宴になることが多く、
最近はホテルや料亭を利用する人も増えています。

 

結納に先立って「樽入れ酒」「決め酒」を行うことは少なくなっているようです。

 

東北地方

結納品は関東式ですが、
多くは女性からは受書(うけしょ:結納品の受領書のようなもの)のみでお返しを省略する形です。
本来、結納に先立って行う「決め酒」「口割酒」を結納の際に行うところもあります。

 

地方によっては、男性側から女性側の親戚に、
末広(白い扇子を2本で一対としたもので、
純潔・潔白などの穢れの無い無垢なことを意味します)と箸袋を贈ったり、
男性側が「貰受状(もらいうけじょう)」、女性側から「進参状(しんざんじょう)」を
付けたりするところもあります。

 

関東地方

双方が結納品を取り交わします。
女性側は男性側と同じか一段格下のものを準備します。
最近、女性側は記念品のみの場合が多くなっています。
ホテル、式場、料亭、レストランで一堂に会する場合も増えています。

 

結納に先立つ「しめ樽」「樽入れ」「固めの酒」「樽立て」の儀礼を、
多くは結納でまとめて行っています。

 

甲信・東海地方

結納品は山梨、長野、静岡県は関東式、愛知、岐阜県は関西式が基本。
一般的に女性宅で行われ、結納後の祝宴は料亭などで行うことが多いです。
結納、結納返しの際、「御先祖様」として線香、家族には土産を用意する地方もあります。

 

結納前に行われていた「樽入れ」「決め酒」「とっくり転がし」といった儀礼は
結納の際に行うことが多くなりました。

 

北陸地方

結納品は新潟県のみ関東式で、他3県は関西式。
富山、石川県は「御仏前」として清酒、「御神前」として線香、沈香、ろうそくなど、欠かすことができません。
結納前に「たもと酒」「樽入れ」「決め酒」を行います。

 

結納当日は、男性側が納めるだけで、女性側は、荷物送りや挙式当日に結納返しをするのが習わしです。
しかし、最近は当日に返すケースも増えています。

 

関西地方

一般的には、男性が女性宅を訪ね、そのまま祝膳を囲みます。
最近はホテル、料亭、レストランで行うケースが増えています。

 

当日は男性が結納品を納め、女性側は受書と仲人への謝礼として「おうつり」を渡します。

 

中国地方

結納品は関西式が一般的です。
鳥取では「迎え傘と迎えぞうり」として傘と履物を、島根では「八木」として米(今は現金)、
山口は「百飛喜(ひゃっぴき)」として現金を贈る、という習わしがあります。
女性宅か、ホテル、料亭で行います。

 

岡山市などでは双方で取り交わす形もありますが、
当日、男性のみが結納品を贈り、女性は荷物送りや挙式当日にお返しをします。
結納に先立ち「かため」「寿美酒(すみざけ)」「しきり」などの儀礼を行う習慣があります。

 

四国地方

一般的には徳島、香川、愛媛県では関西式、高知県では関東式の結納品を使用します。
結納に先立ち、男性側が酒と肴を女性宅に届ける習わしがありますが、最近は省略されつつあります。

 

当日は男性のみが贈り、女性側のお返しは荷物送りや挙式当日に行うことが多くなっています。

 

九州地方

結納品は関西式です。県ごとに内容に違いがありますが、
九州全体での特徴は、高砂人形とお茶が必ず入ります。
生鯛の雌雄と清酒を用意する場合もあります。
一般的に女性宅で行います。
男性側が結納品を納め、女性側は受書と記念品を用意して取り交わします。

 

結納後の食事は料亭やホテルで行うケースが増えています。
結納に先立ち、「寿美酒」「樽入れ」「もらい」など、お酒のほかにお茶を持参する地方もあります。

 

なお、結納に先立つ儀式として、
各地で「決め酒」「樽入れ」「固め酒」など、結納に先立つ儀礼が行われています。
これは、仲人と男性側の父親、あるいは両親が、
酒と肴を持ち、女性宅を訪れるというものです。
しかし、最近は省略されており、結納と一緒に行うケースが増えているようです。

page top